Digital Garage

金融大航海時代に向けたベリトランス新経営体制について

昨今、決済サービスを取り巻く環境は、激変しております。
また、Fintechを活用した新しい取り組みもはじまり、ビジネスの基盤も大きく変わろうとしています。

ベリトランス株式会社は、1997年というインターネットの黎明期から、
安心・安全な決済インフラを提供することで、日本のEコマースを牽引してきました。
また、近年では、アジアを代表する決済イノベーターとして、
日本だけでなく、アジア各国のECインフラの向上に貢献してきております。

今回、創業以来、ベリトランスだけではなく、電子決済業界を牽引してきた
共同創業者の沖田 貴史が、次なるイノベーションを生み出すべく新設した「フェロー」職に就任し、
実務を離れた立場から、FinTechをはじめとする各種政策提言や
非連続的な成長の促進などに専念できる体制を創ってまいります。

また、後任の代表取締役には、篠 寛が就任致します。
篠については、沖田と同じく、創業当初から当社に参画し、15年来、当社の主要事業、新規事業を
沖田と二人三脚で牽引しており、この度、満を持しての代表就任となります。

今後は、決済サービスのさらなる品質向上は、もちろんですが、
周辺ビジネスを支えるパートナー様との連携も、これまで以上に密にし、
今までにない新しい付加価値をもたらす社会インフラを目指してまいります。

決済事業を中核事業の1つとするデジタルガレージグループとしては、
到来する「金融大航海時代」に向けて、アントレプレナー精神を尊重し、
社会に役立つ新たなイノベーションに挑戦する「ファーストペンギン・スピリット」の
実践を促進しており、この度の新体制は、それらを具現化するものであります。

これまで同様、格別のご指導・ご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い致します。

2015年10月1日

ベリトランス株式会社 取締役共同創業者フェロー 沖田 貴史

ベリトランス株式会社 代表取締役社長 篠 寛

株式会社デジタルガレージ 代表取締役社長兼グループCEO
ベリトランス株式会社 取締役会長 林 郁