PRESS ROOM

プレスルーム

2011.05.25

インキュベーション

デジタルガレージ、ビジネスSNSのLinkedIn社と提携

~日本におけるマーケティングを全面支援~

株式会社デジタルガレージ(大証JASDAQ 4819、本社:東京都渋谷区、代表取締役/グループCEO:林 郁、以下:DG)は、米LinkedIn社(本社:カリフォルニア州マウンテンビュー、創業者:Reid Hoffman、CEO:Jeff Weiner)と、LinkedIn社が運営するビジネスパーソン向けプロフェッショナル・ネットワーク「LinkedIn」(http://www.linkedin.com/)の日本におけるマーケティング支援について合意しました。今回の合意に基づき、DGはLinkedIn社と緊密に連携しながら、日本におけるLinkedInの普及に向け、マーケティング活動、広報活動、市場調査、プロダクトマーケティング支援を行っていきます。LinkedIn社はLinkedIn日本語版の立ち上げを2011年中に予定しています。

今回の合意について、LinkedIn社managing director and vice president of Asia Pacific Japan (APJ) のArvind Rajan氏は、「DGと共に日本でマーケティングを行えることをうれしく思います。世界市場で成長を続けている最大のプロフェッショナル・ネットワークであるLinkedInにとって、成長を維持するために日本は重要な市場に位置づけられます」とのコメントを寄せています。

また、弊社共同創業者/取締役 伊藤 穰一は、「日本にはさまざまなソーシャルネットワークサービスがありますが、LinkedInのようなプロフェッショナル向けのものは皆無に等しいといえます。その一方で日本のビジネス慣習を考えれば、これほどプロフェッショナル同士を結ぶネットワークが重要な市場は世界でも多くありません。このためLinkedInは日本において、個人や組織の生産性を高める上で非常に高い可能性を秘めていると思います。世界の中での日本の存在感を増すためにも役立つでしょう」と語っています。


■LinkedInについて
LinkedInは全世界で1億人以上が登録するプロフェッショナル向けのソーシャルネットワークです。2011年1月時点で「2010 Fortune 500」にランクされているすべての企業において、経営幹部のうち1人以上がLinkedInに登録しています。LinkedInはプロフェッショナルと企業を結ぶ場も提供しており、LinkedIn上に「企業ページ」を持っている企業は200万社以上におよびます。

PDFダウンロード

pagetop