PRESS ROOM

プレスルーム

2011.10.26

マーケティング

デジタルガレージ、ツイナビと連動したTwitter対応のソーシャルアプリプラットフォーム「ツイナビアプリ」を公開

~アプリ内の広告や課金を通じた収益手段も提供~

 株式会社デジタルガレージ(大証JASDAQ 4819、本社:東京都渋谷区、代表取締役/グループCEO:林 郁)は、株式会社CGMマーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:林 郁)が運営する「ツイナビ」上で携帯電話向けソーシャルアプリを提供することを目的としたプラットフォーム「ツイナビアプリ」(http://apps.twinavi.jp)を開発し、本日運営を開始いたしました。

 ツイナビアプリは、Twitterのソーシャルグラフに対応したツイナビのユーザー情報を利用したソーシャルアプリを構築するための、デベロッパー向けプラットフォームです。デベロッパーはツイナビアプリが提供するAPI(Application Programming Interface)を介し、ユーザー間のつながりを表すソーシャルグラフやTwitterが備えるリアルタイムのコミュニケーション機能などを活用することによって、これまでにない、より実生活に根ざしたソーシャルアプリの開発が可能になります。ユーザー同士がアプリの進行状況をタイムラインで共有することで、Twitter上のコミュニケーションを活性化させたり、アプリの評判を口コミで広げたりすることも期待できます。ソーシャルアプリの開発を収益面からも後押しするために、運営元であるデジタルガレージは、当プラットフォーム上にアプリ内広告とアプリ内課金によるビジネスサポートプログラムを用意しました。アプリ内広告のインプレッションに応じた売り上げや、すべてのアプリに共通した仮想通貨を使った決済による売り上げをレベニューシェアの形でデベロッパーに還元します。

 今回の発表と同期して、6社から合計8種類の対応アプリが登場しました。これからも続々と新作のアプリやコンテンツが投入される予定です。並行してツイナビアプリ側は、各社のスマートフォンを含むマルチデバイスへの対応を順次進めていきます。このほかTwitter上での告知やツイナビ上の各種コンテンツを活用したキャンペーン等のプロモーションを企画しており、既存のTwitterユーザーを中心に認知拡大と利用促進を図ってまいります。


【サービスの詳細について】
携帯サイト : http://apps.twinavi.jp

■サービス開始日: 2011年10月26日(水)
■SAP企業お問い合わせ先 ツイナビアプリ事務局 Email: twinaviapps-info@garage.co.jp 担当:安部
■ユーザーお問い合わせ先 Email: support@twinavi.jp


【サービスロゴ】
111026_twinavi_concept.gif
【プラットフォーム、サービスの概念図】
111026_twinavi_concept.gif
【アプリタイトル/提供会社(2011年10月26日現在)】
111026_twinavi_list.gif
【画面イメージ】
111026_twinavi_image.gif

PDFダウンロード

pagetop