Digital Garage

PRESS ROOM

プレスルーム

2012.04.06

デジタルガレージ、ジンガジャパンから「フォト蔵」事業を取得

〜写真共有を中核としたコミュニケーションサービス本格展開へ〜

 株式会社デジタルガレージ(大証JASDAQ4819、本社:東京都渋谷区、代表取締役/グループCEO:林 郁、以下:DG)は、ジンガジャパン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役 社長CEO:松原健二、以下:ジンガジャパン)から同社が運営する写真共有サービス「フォト蔵」(http://photozou.jp/)の事業譲渡を受け、本サービスの運営を開始しました。

 2005年にサービスが始まった「フォト蔵」は、2012年3月時点で会員数約240万人、累計アップロード写真数約1億3千万枚の国内最大級の写真共有サービスです。無料で利用でき、アップロードできる写真枚数に制限がない※という点や、日本の携帯電話機に向けたTwitterの公式サイト(http://twtr.jp/)から写真のアップロードが可能なことなどが支持を集め、現在では1日当たり約15万枚の写真がアップロードされています。

 DGは今後、フォト蔵による写真共有機能を中核とし、自社グループや投資先が手がけるさまざまなメディアと連携させたコミュニケーションサービスを展開します。その第1弾として、DGの子会社である株式会社CGMマーケティングが運営する「ツイナビ」(http://twinavi.jp/)や、資本・業務提携を行っているMemolane社が運営する自分史サービス「Memolane」(http://memolane.com/)との連携を予定しています。このほか、急速に拡大するスマートフォン市場に向け、スマートフォンで撮影した写真を簡単にクラウド上に保存し、家族や知人と共有するためのアプリケーションやWebサービスを順次提供してまいります。

 日本市場における事業展開と並行し、アジャイル開発を軸にしたグローバルなインキュベーションを目的に先日設立した子会社 米New Context, Inc.(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ市)と共同で、フォト蔵の海外展開も検討してまいります。


【フォト蔵について】

フォト蔵は、2005年9月8日にサービスを開始し、2012年3月現在、会員数約240万人、累計写真アップロード数約1億3千万枚を抱える国内最大級の写真共有サイトです。

  ※アップロード容量は、毎月最大3GB。

・フォト蔵 http://photozou.jp/

・Twitter https://twitter.com/photozou

・Facebook page https://www.facebook.com/photozou


【画面イメージ】
120406_Photozou.png

PDFダウンロード