PRESS ROOM

プレスルーム

2012.05.16

マーケティング

デジタルガレージ、Twitter社から日本初のSite Streams APIの提供を受けビッグデータ事業に参入

 株式会社デジタルガレージ(大証JASDAQ 4819、本社:東京都渋谷区、代表取締役/グループCEO:林 郁、以下:DG)の子会社である株式会社CGMマーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:林 郁、以下:CGMM)は、米Twitter社(米国サンフランシスコ、CEO:ディック・コストロ)から、同社が提供するAPI(application programming interface)の一つである「Site Streams」の利用許諾を受け、これを活用したビッグデータ関連サービスの提供を行います。Twitter社からSite Streamsの提供を受けるのはDGが日本で初めてです。

 今回Site Streamsの利用許諾を得たことでDGは、社会インフラとしてのTwitterに蓄積された大量のツイートから新たな付加価値を抽出しユーザーに還元する事業の構築が可能になります。その第1弾として、CGMMが手がけるTwitterの運用支援ツール「Tweetmanager」にSite Streams等を適用することで、 過去データの検索や検索したツイートの感情分析といった高度な機能を実装する予定です。また、より大量のデータを処理できるようになるため、スケーラビリティも向上します。

 こうした機能追加により、一般消費者を対象とした事業を手がける企業にとって最近重要性が高まりつつあるソーシャルリスニング分野において、Twitter上で語られているユーザーの声をもらさず傾聴し、分析、対応するきめ細かな顧客管理などが実現できます。また、Site Streamsは通常提供されているTwitter APIよりも多くのデータを利用できるため、スケーラビリティが向上し、より多くの企業、官公庁・地方自治体に利用していただくことが可能になります。

 併せてCGMMは、Twitter社の収益の基盤である「プロモ商品群」について、Twitter社との間で販売代理店契約を締結しました。ユーザーのフォローする企業、団体などの重要なツイートをタイムラインの一番上に表示する「プロモツイート」や、広告主のアカウントをおすすめのアカウントとして表示する「プロモアカウント」などの広告商品の販売を行ってまいります。

PDFダウンロード

pagetop