PRESS ROOM

プレスルーム

2012.10.03

フィナンシャル

デジタルガレージ、子会社を通じてインドネシアの決済サービスに参入

アジアにおける決済プラットフォーム展開の第一弾

 株式会社デジタルガレージ(大証JASDAQ 4819、本社:東京都渋谷区、代表取締役グループCEO:林 郁、以下:DG)の子会社でオンライン決済ソリューションを提供するベリトランス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:沖田 貴史、以下:ベリトランス)が2012年に合弁で設立したPT MIDTRANS社(本社:インドネシア、ジャカルタ、CEO:Ryu Kawano Suliawan、以下:MIDTRANS)は、インドネシア市場向けEC決済サービス「VeriTrans Indonesia」の提供を本日より本格的に開始しました。

 MIDTRANSは、ベリトランスとネットプライスドットコム、そしてインドネシアにおいて不動産・IT事業を展開するMidPlaza Groupが合弁で設立した、インドネシアにおいてEC決済ならびにECインフラサービスを提供する会社です。インドネシア国内の企業へのサービス提供はもとより、日系・外資系企業のインドネシアEC市場への進出をサポートすることを目的としており、2012年1月の設立以来、事業開始の準備を行ってまいりました。

 この度、MIDTRANSが本格的に開始した決済サービスは、インドネシアのECサイトにおけるクレジットカード決済に向けたものです。ベリトランスが日本国内で培ってきた世界トップレベルの決済テクノロジーとECインフラサービスを元に、インドネシア市場向けにローカライズしました。具体的には、セキュリティの国際標準である「PCI DSS」(Payment Card Industry Data Security Standard)に準拠した世界トップクラスのセキュリティを実現しているほか、インドネシアに固有の商習慣や決済習慣に配慮した仕様になっており、現地のEC事業者が現在抱える課題を大幅に低減することが可能です。また、今後5年間で予想されるインドネシアのEC市場の急成長を見越したスケーラビリティを確保しております。

 DGは、2012年8月に発表した中期3カ年計画の柱の一つに、これまで日本市場で培ってきた決済プラットフォームのグローバル展開を掲げています。今回のインドネシアにおける決済サービスの本格開始は、その第一弾となります。DGは今後、香港に設立した決済事業子会社「econtext Asia Limited」を決済事業のグローバル展開に向けたヘッドクォーターとし、決済プラットフォームのアジア展開を進めてまいります。

pagetop