PRESS ROOM

プレスルーム

2016.06.02

コーポレート

デジタルガレージとBEENOS、インドにおける投資事業で連携

〜インド最大の自動車売買マーケットプレイスを展開するDroomに共同出資〜

株式会社デジタルガレージ(東証一部 4819、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼グループCEO:林 郁、以下:DG)とBEENOS株式会社(東証マザーズ 3328、本社:東京都品川区 代表取締役社長兼グループCEO:直井 聖太、以下:BEENOS)は、各々の全額出資子会社である株式会社DGインキュベーション(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:六彌太 恭行、以下:DGI)、BEENOS Asia Pte, Ltd.(本社:シンガポール 以下:BEENOS Asia)を通じ、インド最大の新車・中古車売買オンラインマーケットプレイス「Droom(ドゥルーム)」を運営するDroom Technology Pvt. Ltd. (本社:グルガオン、創業者:Sandeep Aggarwal、以下:Droom)に共同で出資しました。DGはBEENOSとの連携を強めることを目的として2016年5月30日に、BEENOSの発行済株式267,000株を取得し、同社のシェア10%を超える主要株主になっています。今回のDroomへの共同出資は、両社の関係強化後における連携の第一弾に位置付けられます。

Droomは、インドにおいてパソコンよりも広く普及しているモバイル環境でのインターネットアクセスにいち早く着目することで急成長を遂げてきた、新車・中古車(二輪車含む)を売買できるインド最大のオンラインマーケットプレイスを運営する企業です。現在約47,000の自動車販売業者がDroomを利用し、約25,000台の二輪車、四輪車が出品され、月間流通総額約13億円(約1,200万米ドル)の取引が行われています。また、同社の専用モバイルアプリは、累計で約300万件ダウンロードされています※。今回の資金調達により、Droomは更にユーザビリティを高め、サービス基盤の向上を図るべくシステムや人員に先行投資をし、インド国内における圧倒的なポジションの確立および国際的な事業拡大を目指しています。
※ 実績数値は、2016年4月時点のものです。

droomimg.pngDGグループは日本、米国に続き、ここ数年アジア地域での投資活動に力を入れています。インドでは、子会社のecontext ASIAを通じて2013年にオンライン決済大手のCitrus Pay社にBEENOS Asiaと共同で出資しています。2015年に入ってからも、ヘルスケア、不動産売買、エンジニア人材採用、といったインドで急速に拡大している市場でサービスを展開している有望なスタートアップ企業に投資しました。 同様に、経済成長に合わせて拡大を続けるインドの自動車市場を対象としたDroomの事業も、急成長が望めると判断しました。今後はDroomの国際展開に合わせて、DGグループが東南アジアで手がけているオンライン決済サービスとの連携を図っていくことなどを期待しています。「Droom創業者のSandeep Aggarwal氏と彼のチームがこれほど短期間で大きく事業を成長させたことは驚きに値します。今回の増資によって調達した資金と、 自動車売買市場を大きく変革する可能性を秘めた独自のビジネスモデルによって、今後もDroomの事業が爆発的な成長を遂げることを確信しています」(DG 代表取締役社長 兼 グループCEOの林 郁)。

 BEENOSは、同社に対し、設立当初の2014年7月より出資及び戦略的なサポートを行っております。自動車売買のオンラインマーケットプレイスは、日本をはじめ欧米でも専門マーケットプレイスとしての成功事例が多数あり、今後、経済の成長により自動車の普及が確実に見込まれるインドに於いても、インターネット市場の急拡大とあわせて期待ができる事業領域だと考えられます。なお、BEENOSはDroomに対し創業当初より出資をしており、今回はシリーズBラウンドにおける追加出資となります。BEENOSは、インドにおいては2013年1月にB2Cオンラインマーケットプレイスの「ShopClues」、2013年11月にオンライン決済サービスの「Citrus Pay(シトラス ペイ)」、2014年10月にオンラインストアソリューションの「KartRocket(カートロケット)」、2015年4月に価格比較サービスの「Buyhatke(バイハッケ)」、2015年12月にモバイルファッションマーケットプレイス「Voonik(ヴーニック)」、2016年2月にオンラインC2C不動産マーケットプレイス「NoBroker」に出資するなど、インドのインターネット市場に注目し、各事業の成長に貢献してまいりました。

DGとBEENOSは、今後もインドを含むアジア地域におけるスタートアップ企業への投資事業を中心に連携することで、新興市場各国における起業家の育成と事業ノウハウの横断的な収集を通じ、新たな事業の創造を追求していきます。

【Droomの概要】
(1)社 名: Droom Technology Pvt. Ltd.
(2)代 表 者(Founder & CEO):Sandeep Aggarwal
(3)本社所在地:グルガオン
(4)設 立 年 月:2014年4月
(5)ホームページ:http://droom.in/

【DGの概要】
(1)社 名:株式会社デジタルガレージ(東証一部:4819)
(2)代 表 者:代表取締役社長 兼 グループCEO 林 郁
(3)本社所在地:東京都渋谷区恵比寿南3-5-7 デジタルゲートビル
(4)設 立 年 月:1995年8月
(5)資 本 金:74億35百万円

【BEENOSの概要】
(1)社 名:BEENOS株式会社(東証マザーズ:3328)
(2)代 表 者:代表取締役社長 兼 グループ CEO 直井 聖太
(3)本社所在地:東京都品川区北品川四丁目 7 番 35 号
(4)設 立 年 月:1999 年 11 月
(5)資 本 金:27 億 25 百万円

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社デジタルガレージ
広報担当:枝、山崎
Tel: 03-6367-1098
Email: dg4819.pr@garage.co.jp

BEENOS株式会社
広報担当:岡野
TEL:03-5739-3350
Email: pr@beenos.com

PDFダウンロード

pagetop