PRESS ROOM

プレスルーム

2013.07.09

マーケティング

CGMマーケティング、スマホ向けリワード広告技術Kiipの コンビニ展開を加速、O2Oソリューションを大手系列店で利用可能に

 株式会社デジタルガレージ(大証JASDAQ 4819、本社:東京都渋谷区、代表取締役 グループCEO:林 郁、以下:DG)の子会社である株式会社CGMマーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:林 郁、以下:CGMM)は、日本国内における独占販売代理権を締結しているKiip, Inc.(本社:米国サンフランシスコ市、創業者 兼 CEO:Brian Wong、以下:Kiip社)のスマートフォン向けリワード(=クーポン)広告プラットフォーム「Kiip」と、コンビニエンスストア各社の店頭端末を活用した、O2O(Online to Offline)ソリューションの提供を開始しました。今回の提供には、株式会社 MDパートナーズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:星田洋伸、以下:MDP)が提供しているクーポンプラットフォーム「Petit Gift(プチギフト)」と連携し実施いたします。

 今回の取組みにおいては、広告主が提供する様々なクーポンを、Kiipを採用しているスマートフォン(以下、スマホ)のアプリ内に、ある目標やレベルを達成した直後に表示する「アチーブメント広告」*として配信します。このアチーブメント広告は、コンビニエンスストア各社が店頭に設置している端末を一元管理しているMDPの「Petit Gift」プラットフォームと連携しているため、クーポンを受け取ったユーザーは、近くのコンビニエンスストア系列店にスマホを持ち込み、各社の店頭端末でクーポン券に引き換えることができます。

 CGMMは、今回の「Petit Gift」との提携によるコンビニエンスストアへの展開を皮切りに、ドラッグストア、スーパーマーケットなどその他の小売チェーン店との横断連携を積極展開していく予定です。同時に、Kiipによるアチーブメント広告を配信するアプリのカテゴリも、現在のゲームだけでなく、女性向けアプリ、タスク管理アプリ、料理アプリ、ワークアウト(運動)アプリなどに広げていきます。「アチーブメント広告」を配信するクーポンを利用できる小売店鋪と、アチーブメント広告を露出するアプリのカテゴリや登録数の両方を増やすことで、O2Oソリューションのマーケティング効率向上を狙い、今後、店頭サンプリングや販促支援、来店促進等を目的としたマーケティング施策として展開していきます。

*O2O(Online to Offline)=オンラインでの情報接触行動をもって、生活者をネット上(オンライン)から、ネット外(オフライン)へと誘導し、消費行動に影響を与える施策。

*アチーブメント広告=ゲームやその他のアプリを起動中に、ゲームのステージをクリアする、レベルが上がる、ハイスコアを出す、ポイント達成等、アプリ側で規定した目標値に到達した際(=「アチーブメントモーメント」)、ユーザーには達成感や幸福感が芽生えます。Kiipは、そのモチベーションの高いタイミングに、ユーザーメリットのあるクーポンやサンプル、プレミアムコンテンツ等の広告を露出させる事で、広告主とユーザーの間に深いエンゲージメントを醸成する事が可能となり、質の高いエモーショナルマーケティングを実現できます。今年の2月26日に発表した、株式会社ローソンとのO2O施策(フライドフーズ「Lチキ」の無料クーポンをマルチメディア端末「Loppi」にて引き換え)においては、店頭での引き換え率が、約50%を記録しており、非常に高い効果を実証しております。

◆Kiip×CVS連動O2Oソリューション展開イメージ
130709_cgmm_kiip_mdp.png


[Kiip社について]
Kiipプラットフォームを運営。Kiipを採用しているアプリは、米国では現時点で1,000本を突破。「Aerox」「MegaJump」
「Tree World」「UnlockmeFree」等、累計3,500万のユーザーを誇る各国の有力ゲームアプリも多数含み、国別セッション数(日本)のトラフィックも急激に増加中。<The World's Most Innovative Companies 2013>の1社に選出 (Fast Company)。

社名:Kiip, Inc. (キープ・インク)
URL:http://www.kiip.com
設立時期:2010年
本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ市
代表者:Brian Wong
主な外部株主:True Ventures, Hummer Winblad Venture Partners

[株式会社 MDパートナーズについて]
2009年よりコンビニエンスストアとの提携をスタートし、OtoO に対応するマルチプラットフォー ムサービス「PetitGift(プチギフト)」を開発し、運営。Facebookアプリや小規模店舗向けのクーポン読み取りシステム「mogyly」も展開している。

[株式会社CGMマーケティングについて]
株式会社デジタルガレージ、株式会社電通、 株式会社サイバー・コミュニケーションズ、株式会社アサツー ディ・ケイの4社による共同出資会社。

PDFダウンロード

pagetop