Digital Garage

PRESS ROOM

プレスルーム

2014.04.10

BI.Garage、デジタルガレージグループのビッグデータを活用した 広告商品「BIG MINING」の販売を開始

〜ビジネスインテリジェンスにより企業のマーケティング活動を支援〜

 株式会社BI.Garage(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:林 郁、以下BI.Garage)は、デジタルガレージグループ各社(以下DGグループ)が保有するビッグデータを活用し、企業のマーケティング活動に最適なソリューションを提供する広告商品「BIG MINING」(ビッグマイニング)の販売を開始しました。

 「BIG MINING」は、ビジネスインテリジェンスを活用し、企業のマーケティング活動を支援する新しい広告商品です。DGグループが保有するメディア上のオーディエンスデータ*1や、インターネット決済データ等のビッグデータと、企業の保有するオーディエンスデータを統合、蓄積して複合的に分析を行うDMP(Data Management Platform)を構築し、それぞれの企業にとって最適なターゲットセグメントを抽出します。抽出したターゲットセグメントに向けてDSP(Demand Side Platform)などの手法を使った広告配信を行うことで、マーケティング効果の最大化を実現します*2。

 「BIG MINING」は、株式会社デジタルガレージ(東証JASDAQ 4819、本社:東京都渋谷区、代表取締役グループCEO:林 郁、以下:DG)のウェブマーケティング部門であるDG&Ibexカンパニーと株式会社電通、株式会社アサツー ディ・ケイを代理店として販売しています。幅広い業種業態の企業に向けて時期や予算、目標数値などの要望に沿うプランを提供します。

 BI.Garageは、自社グループや戦略パートナーが保有するさまざまなデータを多角的に分析することを通じ、これまでいかなる企業も見出だしていない、「Serendipity」(気づき/予期せぬ幸運)をクライアント企業に提供することをミッションとしています。こうした手法により「最強のビジネスパートナー」として消費者に寄りそう広告マーケティング手法を提案していくことで、今後の事業拡大と業界の発展に務めてまいります。

【商品概要】
ビッグデータを総合的に分析し、最適なマーケティングプランの提案から運用までを一元的に行います。
・DGグループの保有するオーディエンスデータから最適なターゲットセグメントを分析、抽出
・企業の保有するオーディエンスデータから最適なターゲットセグメントを分析、抽出
・抽出したセグメントへ向けたオーディエンスターゲティング広告のプランニングと配信、運用

*1 オーディエンスデータ:コンテンツ閲覧履歴、検索履歴、アクセス元履歴、広告接触反応履歴などのオンライン行動履歴及び会員データ、CRMデータ等の総称。
*2 本商品の開発にあたっては戦略パートナーである株式会社Intimate Mergerから技術供与を受けています。

DMPを活用したDSPターゲティング配信仕組み
140410_1.png


【BI.Garageについて】
BI.GarageはDGが株式会社電通、株式会社サイバー・コミュニケーションズ、株式会社アサツー ディ・ケイと合弁で設立したデータサイエンス事業を手掛ける会社です。

会社名:株式会社BI.Garage
代表者:代表取締役社長 林 郁
本店所在地:東京都渋谷区恵比寿南3-5-7 代官山DGビル
URL:http://bi.garage.co.jp
設立年月日:2006年8月
事業内容:データサイエンス事業、オーディエンスデータを活用したソーシャルメディア関連の広告商品、Web広告技術の開発と販売

【BI.Garage事業概要】
140410_2.png

■サービスに関する問合せ: 
BIG MINING営業担当: 佐々木 Email: adsales@garage.co.jp

PDFダウンロード