PRESS ROOM

プレスルーム

2016.04.28

マーケティング

デジタルガレージ、横浜銀行と協業し地方創生推進プロジェクトを発足 第一弾として横浜バンクカード会員向け優待サービス「ハマトク」を提供開始

〜「YOKOHAMA再発見」をテーマに約120店舗の優待情報を掲載し地域経済の活性化を狙う〜

 株式会社デジタルガレージ(東証 JASDAQ 4819、本社:東京都渋谷区、代表取締役グループCEO:林 郁、以下:DG)は、横浜銀行(代表取締役頭取 寺澤 辰麿)と協業し、神奈川エリアの地方創生の推進を発足し、プロジェクトの第一弾として、横浜バンクカード会員向け優待サービス「ハマトク」の提供を2016年4月28日(木)より開始しました。

20160428.png
 「ハマトク」は、横浜銀行が発行するクレジット機能付帯のキャッシュカード「横浜バンクカード」の会員向け優待サービスです。横浜エリアを中心とした神奈川県内の飲食店やアミューズメント施設等、約120店舗の優待情報を掲載しています。

 今回「ハマトク」の制作にあたり、DGはコンセプトの提案からクリエイティブの制作、サイト運用まで、トータルプロデュースを行い、「YOKOHAMA再発見」というキーコンセプトを立案しました。横浜・神奈川県にお住まいの方が、これまで行ったことのないスポットやお店を見つけたり、新しい経験や体験をしたりすることで、自分の暮らしている地域をもっと好きになってもらえたら、という思いからこのコンセプトが誕生しています。
 今後、「ハマトク」を通じてこれまで通り過ぎていた場所や、忘れていたお店の魅力を再発見できるような気づきを提供し、地域経済が活性化することを目的に、優待サービスだけでない「YOKOHAMA再発見」コンテンツの拡充や、サービス提供エリアの拡大を今後順次行っていく予定です。

 DGと横浜銀行は今後も協力して、神奈川県エリアの活性化や地方創生につながる様々な取り組みを行ってまいります。

「ハマトク」の詳細については下記URLからご覧ください。
http://hama-toku.jp

pagetop