PRESS ROOM

プレスルーム

2013.07.23

マーケティング

CGMマーケティング、スマホ向けリワード広告プラットフォーム「Kiip」による 大手広告主・パブリッシャー獲得を加速

~「Yahoo! JAPANアプリ」が大型プロモーションを展開へ~

 株式会社デジタルガレージ(東証JASDAQ 4819、本社:東京都渋谷区、代表取締役 グループCEO:林 郁、以下:DG)の子会社である株式会社CGMマーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:林 郁、以下:CGMM)は、日本国内における独占販売代理権を締結しているKiip, Inc.(本社:米国サンフランシスコ市、創業者 兼 CEO:Brian Wong、以下:Kiip社)のスマートフォン向けリワード(=クーポン)広告プラットフォーム「Kiip」が、ヤフー株式会社(東証1部 4689、本社:東京都港区、代表取締役社長 宮坂 学、以下:Yahoo! JAPAN)が提供する「Yahoo! JAPANアプリ」のプロモーションに導入されたと発表しました。Yahoo! JAPANはKiipを使い、「Yahoo! JAPAN アプリを使って、Tポイントをゲット!キャンペーン」を7月24日より開始します。*1。

 今回の取組みは、Kiipの「アチーブメント広告」配信技術を、自社プロモーションのために活用する日本初の取組みとなります。Yahoo! JAPANが用意したキャンペーン参加権利を「Yahoo! JAPANアプリ」内で、ある一定の操作をした直後に表示する「アチーブメント広告」*2として配信する事で、Yahoo! JAPANとアプリユーザー間のエンゲージメントを醸成し、「Yahoo! JAPANアプリ」の継続利用を促進する事が目的です。
 
 CGMMは、今回の「Yahoo! JAPANアプリ」のプロモーションへの導入を皮切りに、Kiipの採用を促進していくアプリのカテゴリを従来のゲームから、今後はポータルサイトアプリ、女性向けアプリ、タスク管理アプリ、料理アプリ、ワークアウト(運動)アプリなどに拡張していきます。こうした施策を通じて、「アチーブメント」をベースに、広告主とアプリユーザーの親和性を高め、ストーリー性のあるオンライン完結型、O2O型スマートフォンマーケティングを実現していきます。

※1実施期間:2013年7月24日~8月23日、 http://recommend.yahoo.co.jp/yjapp_tcampaign/index.html
※2アチーブメント広告=各種アプリを起動中に、ゲームのステージをクリアする、レベルが上がる、ハイスコアを出す、ポイント達成等、アプリ側で規定した目標値に到達した際(=「アチーブメントモーメント」)、ユーザーには達成感や幸福感が芽生えます。Kiipは、そのモチベーションの高いタイミングに、ユーザーメリットのあるクーポンやサンプル、プレミアムコンテンツ等の広告を露出させる事で、広告主とユーザーの間に深いエンゲージメントを醸成する事が可能となり、質の高いエモーショナルマーケティングを実現できます。

◆Yahoo! JAPANとの取組みイメージ
130723.png

[Kiip社について]
Kiipプラットフォームを運営。Kiipを採用しているアプリは、米国では現時点で1,100本を突破。「Any.DO」「Unblock Me」「Mega Jump」「Recipe Search」「Gympact」等、累計4,500万の月間ユニークデバイス数を誇る各国の有力ゲームアプリも多数含み、国別セッション数(日本)のトラフィックも急激に増加中。
<The World's Most Innovative Companies 2013>の1社に選出 (Fast Company)。
社名 Kiip, Inc. (キープ・インク)
URL http://www.kiip.com

設立時期 : 2010年
本社 : 米国カリフォルニア州サンフランシスコ市
代表者 : Brian Wong
主な外部株主 : True Ventures, Hummer Winblad Venture Partners, Relay Ventures, Verizon Ventures


[株式会社CGMマーケティングについて]
株式会社デジタルガレージ、株式会社電通、 株式会社サイバー・コミュニケーションズ、株式会社アサツー ディ・ケイの4社による共同出資会社。 

PDFダウンロード

pagetop